小銃射撃 体験

ライフル(小銃、Rifle)射撃とは?
ライフル(小銃、Rifle)は、歩兵の軍用銃で、400m~600mほど離れた標的を正確に命中させる万能性を持っていることから、主に狙撃用として使われています。
ライフル射撃は動く目標物を打ち壊すクレー射撃とは異なり、静的な物体を標的とするため、
多少アクティブさは欠けますが、発射時の重みのある銃声音と振動、緊張感はライフル射撃でしか味わえない妙味です。

料金

銃器の種類: M&P15, SG551 (12発) 35,000 ウォン

*韓国警察庁の指針に基づき、 射撃場をご利用のお客様には身分証明書 (パスポートなど)のご提示、パスポート番号及び連絡先のご記入をお願いしております。

利用方法

1. 拳銃射撃をする際は、まず安全規則をしっかり身につけます。銃の扱い方を習得してから安全にレジャーを楽しみましょう。(体験前に簡単な安全教育と銃の取り扱い方の説明があります)
   銃の扱い方を習得してから安全にレジャーを楽しみましょう。(体験前に簡単な安全教育と銃の取り扱い方の説明があります)
2. 身分証明書を提示し、申込書を作成した後、射撃用ベストを着用し、スタッフの指示に従って射撃方法を教わります。
3. 射撃台で射撃した後、カウンターで点数を計算します。

* 実際には銃器に安全装備を装着し射撃を行うため、画像のイメージとはやや異なります。